手にできた数十個のイボ。病院に行っても治らなかったのに… 


【イボの始まり】 私は20歳から姫路の天然水を使う美容室で働いていました。

そして26歳になった頃、手に小さな『イボ』がひとつできました。

 最初は全然気にしてなかったのですが、このイボが数か月後には2mm程度になり、皮膚科に行って治療してもらって取れて無くなりました。 


治療して数週間後、また手にひとつのイボができている事に気付き、また皮膚科に行ってイボを取ってもらいました。 


そして、数週間後には…。手にイボができていて、しかも今度は3つ程ある事に気付いたのです。 この時、仕事でも家でも天然水を使っているのに何故イボなんかできるのだろう?と思っていました。

 また病院に行って治療。


すると数週間後には前回のイボの数より多くイボができるようになってきたのです。 


そしてまた治療する。ということを1年ほど続けていました。


 その結果…。手には数十個のイボがありました。 私は病院に行っても治らないと思い、治療に行くのをやめました。 【苦悩の始まり】 治療をやめてからは天然水を使う量を増やしました。

 この頃はまだ1つ1つのイボは目立つほどの大きさではなく、店のオーナーやスタッフは気付いていませんでしたが、1年ほど経ちイボの数も増えイボとイボがつながり大きくなっていくと、自分の『異常な手』に気付く方も増えました。 


気付かれるたびに落ち込んでいましたが「天然水で良くなる」と信じて続けました。 


途中、店のオーナーから体に良いと言われ、与那国産のサンゴを飲み始め、かぼくを主成分とするクリームも使い始めました。けれど症状は悪化する一方でした。 

この頃から家族から「病院で治療してもらいなさい」と言われるようになりました。


でも私は病院に行っても仕方ないだろうと思い「天然水で良くなると思うから」と家族を説得していました。 時が経ち、イボができ始めてから4年が過ぎていました。


 症状はというと良い変化は何も無く、写真の手になっていました。 

【決断のきっかけ】 

この時、私は独立して母親がやっている美容室で一緒に働いていました。

 そして日々の営業の合間に天然水を頭皮に浸透させる『プレ処理』を週に1~2度してもらいながら、手にもかぼくのクリームと天然水をつけ、そしてサンゴもずっと飲み続けていました。

 ある時は天然水の講習会に参加すると、講師の先生に

「天然水をたくさん入れるために、パーマを10回やりなさい」と言われ、1ヶ月の間に12回パーマをしても手のイボは全く何の反応もありませんでした。 

天然水を使っていても何も変化のない状態を見て、両親と嫁から「病院に行け!!」と前よりきつく言うようになり、私は「水で治すんや!!」とよく言い争いをしていました。


 ある日いつものように私の手の事で言い争いをしていた時、両親から

「そんな水で治るわけないやろ!!」と言われ、嫁からは「そんな手の美容師に私はさわって欲しくない」とか「そんな手やったらお客さんに気持ち悪がられて、将来店もうまくいかないから離婚して下さい」とまで言われてしまいました。 


この時はさすがに気が滅入りそうになりましたが「3ヵ月だけ待ってほしい、それまでに何も変化もなければ病院でも何処でも行くから」と言って、今までとは比べようがないほどの≪覚悟≫で天然水を入れる作業をしました。 


【劇的な変化】 

それから毎日仕事が終わってから4~5時間、休みの日には朝から夜まで。 自分でも繰り返し繰り返し『プレ処理』をして、合間に手にも同じように水をたくさん入れていきました。

 サンゴも今までの3倍くらいの量を飲みました。 この時は本当にすがる気持ちで水を必死に入れました。 そして1週間が経った時、手に水を入れている最中に小さなイボがポロリと取れました。 


私は「まだ好転反応も出てないのにイボが取れるわけがない。たまたま取れただけだろう。」と思っていましたが、次の日にもイボがポロポロとはがれていくのです。

涙が出るほど嬉しかったです。

 そしてもう一週間が経った時に、比較的大きいイボがめくれはじめたのです!!しかもイボがめくれても、血も汁も何も出ていないのです。


めくれたところにはイボのザラザラした皮膚ではなく綺麗な皮膚があるのです。 それから毎日大きなイボが取れ、3週間目になると綺麗な手に戻っていました。 


本気で天然水を入れ始めてから、たった20日間で5年間も苦しめられたイボから解放されました。 両親や嫁に綺麗になった手を見せに行くと、涙して喜んでくれました。

 家族が私に本気で取り組む覚悟を与えてくれた事、この天然水に働くエネルギーの事、今まで支えてくれた方々、全ての事に感謝しています。


 【振り返ってみて】

 手が綺麗になって考えてみると、イボが取れなかった時は本気じゃなかったのが分かりました。 本気じゃなかったから、いい加減に水を入れるだけで、効果がみられなかったのだと思います。 この天然水は地球を浄化すると言われています。 今回、本気になって自分に水を入れることで、自身の体を浄化してくれたのだと思います。 

【最後に】 

この天然水を使って思うような効果が表れなくて、途中で諦めた方もおられると思います。 しかし、本気の覚悟でやれば必ず結果が出ます。 この体験談集を見て、途中で諦めた方、これからやってみようと思う方、『本気の覚悟』で頑張ってください。 兵庫県加西市 エンゼル美容室 代表 増田 真啓

くくる(心)企画

【目的は地球環境浄化】 当社が取り扱うビーワン・トリニティーという商品には、 「生命を輝かせ、本来あるべき姿に戻す」というエネルギーが働いています。 未来の子供たちに、きれいで安心して住める地球を残すために 日本人の人口の5% 600万人の人達にビーワン・トリニティーを伝え 手渡すという人類救済5%プロジェクトにかかわっています。

0コメント

  • 1000 / 1000